logo

グーグル検索に“本物の”イースターエッグ--ARのウサギも出現

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月13日 11時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イースター(復活祭)の4月12日、Googleはイースター関連の用語を検索するユーザーに向けて、“本物の”イースターエッグを仕込んだ。

Google Easter
提供:Screenshot by Steven Musil/CNET

 「Easter(イースター)」「Easter 2020(イースター 2020年)」など、イースター関連のトピックを検索すると、検索結果ページの右上隅に、ピンク色のウサギや、装飾された卵からかえるひよこなど、イースターに関連するかわいい動物が描かれたバナーが表示される。

 Googleはまた、モバイル機器の画面に表示される3Dのイースターバニーを提供し始めたと発表した。対応するモバイル機器で「Easter bunny(イースターバニー)」を検索すると、拡張現実(AR)のウサギを生活空間に表示させることができる。このARイースターバニーは19日まで出現する。

ARのイースターバニー
提供:Google

 Googleは、イースターの歴史や伝統を紹介する没入型の「Arts & Culture」ページも作成した。世界中のイースターの祝い方も紹介している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]