logo

「iPhone SE」後継モデル、まもなく発表か--価格、機能、発表日のうわさまとめ

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年04月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、手頃な価格のスマートフォンを近日中に発表する見通しで、その名称は「iPhone SE」または「iPhone 9」になるとみられている。このデバイスは、高い人気を誇った2016年のiPhone SEの待望のアップデートモデルになるはずだ。うわさが本当なら、世界のスマートフォン販売台数が減少し続ける中で、Appleは低価格のスマートフォンに再び取り組んでいるということになる。

iPhone 8
2020年版のiPhone SEはiPhone 8(写真)をモデルにして内部をアップグレードしたものになると予想されている
提供:Eric Franklin/CNET

 ただし、世界がパンデミックの真っ只中にあることを考えると、発表日や、4月22日とうわさされている出荷日は変更される可能性もある。より幅広いスマートフォン業界や家電製品業界と同様、Appleも、新型コロナウイルスによって引き起こされた広範囲にわたるサプライチェーンの混乱に直面しており、四半期の業績予想が未達になるとの見通しを発表。店舗の休業も余儀なくされている。それでも、スマートフォンメーカー各社はまだ2020年に多くの新製品の発売を予定している。Appleが2020年春の新製品を発表するまで、われわれは信ぴょう性の高いうわさを集め、この新製品が大体どのようなものになるのかを皆さんにお伝えしていくつもりだ。

399ドル(約4万3000円)で発売?

 Appleに詳しい著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は2020年のiPhone SEについて、基本モデルの価格が399ドルになると予想している。この価格設定によって、Appleは、端末のアップグレード(例えば、「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11」へのアップグレード)に1000ドル、もしくは700ドルも払いたくないと思っている節約志向の顧客を獲得できるかもしれない。Appleがスマートフォン市場の「低価格帯」セグメントをターゲットにするのは、今回が初めてではない。初代iPhone SEは399ドルで発売された。当時、この価格は「iPhone」のほかのモデルより何百ドルも安く、同社のヒット商品となった。世界のスマートフォン市場が縮小し、高価なスマートフォンを購入する消費者が少なくなる中で、Appleは低価格でありながら高品質のスマートフォンを提供することの重要性を理解している。同社が中国やインドといった大規模で価格志向の国々にもっと進出したいと考えているのであれば、なおのこと、その重要性を見過ごせないだろう。

「A13 Bionic」チップ、最大256GBストレージを搭載?

 Kuo氏によると、新型iPhone SEはホームボタンの搭載を含め、「iPhone 8」をベースとしたモデルになるとのことだが、内部コンポーネントが強化される見通しだという。Appleの最新チップセットである「A13」プロセッサー(iPhone 11シリーズに搭載されているのと同じもの)や3GBのRAMが搭載される可能性もある。9to5Macの報道によると、2020年のiPhone SEでは、64GB、128GB、256GBの3種類のストレージモデルが用意されるという。さらに、ホワイト、ブラック、レッドのカラーバリエーションと、ブラックシリコン、ホワイトシリコン、レッドレザーを含む5種類の公式ケースも提供されると報じている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]