logo

ホンダ、GMの車台とバッテリで新型EVを共同開発--2024年モデル2車種を米国とカナダで

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(ホンダ)とGeneral Motors(GM)は、GMの電気自動車(EV)向けプラットフォーム(車台)をベースにして、ホンダ向け新型EVを共同開発すると発表した。

GMのプラットフォームとバッテリをベースに開発(出典:ホンダ、GM)
GMのプラットフォームとバッテリをベースに開発(出典:ホンダ、GM)

 ホンダの新型EVは、GMの世界展開EVプラットフォームと、「Ultium」バッテリを採用。エクステリアおよびインテリアは、ホンダが自社専用にデザインする。さらに、GMのコネクテッドサービス「OnStar」の「セーフティ アンド セキュリティ」機能を、ホンダのアプリ「HondaLink」に統合していく。また、GMの先進運転支援技術も選択可能にする。

 共同開発するEVは2車種。GMの北米工場で生産し、2024年モデルとして米国およびカナダで発売する予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]