logo

LINE、新型コロナ対策のための全国調査データを厚労省に提供--約2454万人が回答

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月3日、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を実施し、3月30日に厚生労働省と締結した「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」に基づき、回答データを厚生労働省へと提供したと発表した。

キャプション

 第1回「新型コロナ対策のための全国調査」は、3月31日・4月1日の2日間、日本全国の「LINE」ユーザー8300万人を対象に実施した。同社によると、「LINE」からメッセージを送信した8292万8693人のユーザーのうち、有効回答者は2453万9124人(回答率は29.6%)だったという。

 データは厚生労働省にて解析。両者によると、新型コロナウイルス対策以外で利用することはなく、調査に回答したデータは統計処理されるほか、調査・分析後は速やかに破棄するという。公表に資するデータについては、今後も随時発表する予定。

 また、第2回「新型コロナ対策のための全国調査」は、4月5日・6日に実施する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]