logo

Slack、「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリース

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年04月02日 11時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Slackの最高経営責任者(CEO)Stewart Butterfield氏は米国時間3月26日、「Microsoft Teams」の通話機能と連携する手段を提供するつもりだと述べていた。同社は4月1日、Slack向けの「Microsoft Teams Calls」アプリのベータ版をリリースした。

Slack
提供:Slack

 Slackは、Microsoft Teamsだけでなく、他社のVoIP電話との統合も発表した。「Zoom」「Cisco Jabber」「RingCentral」「Dialpad」の通話サービスがSlackと統合される。Slackによると、これによりSlackから電話番号に直接発信できるようになるという。

 Butterfield氏は先週、SlackがTeamsの通話やチャット機能とどのように連携するのか、またその時期について明らかにしていなかった。その後、SlackとMicrosoftの広報担当者は筆者に対し、一般公開されている「Microsoft 365/Office 365」のプログラミングインターフェースを通じて統合を実現すると述べた。

 Slackは既に「Outlook」「OneDrive」「SharePoint」など複数の「Microsoft Office」サービスと統合されている。Microsoft Teams Callsのベータ版は、Slackのサイトから入手できる。

 Microsoftは最近、Teamsのデイリーアクティブユーザー数(DAU)が4400万人に達したことを明らかにした。Slackは2019年10月に1200万DAUを達成したと発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]