logo

水道メーターの検針をスマート化--人手不足をAIとNB-IoTで解消へ

加納恵 (編集部)2020年04月01日 14時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リンクジャパンとグローバルソリューションズは4月1日、AIで自動的に検針の業務を無人化できる「eMeter(イーメーター)」を、春日那珂川水道企業団に導入すると発表した。既存のメーターのまま検診業務を自動化できる。

試験導入時
試験導入時
実際クラウドに転送された検針写真
実際クラウドに転送された検針写真

 春日那珂川水道企業団は、福岡県春日市と那珂川市の水道事業を請け負っており、 2019年6月からeMeterの試験導入を開始。期間中、台風17号と19号に遭遇し、水没と土砂に埋もれる箇所もあったが、無事に検針できたとしている。

 eMeterは、メーターを写真撮影してクラウドに転送、AIで数字化できるというもの。電源不要で既設メーターに後付けが可能だ。IoT機器向け通信方式であるNB-IoTを使い、電池駆動の場合、月1回の通信で10年間の使用ができる。

 今回の通信にはソフトバンクのNB-IoTを活用。リンクジャパンによると既存のアナログ式水道メーターを交換不要でスマート化するサービスの商用化は国内初としている。

 人力検針は、人口減少に伴う人員不足により、今後の対策が必要とされているところ。今後さらなる人口減少に備え、各地への展開が期待されているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]