logo

KDDI、5Gが“接着剤”になる共創プログラム「∞の翼」披露--バーチャルイベントにみた可能性

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月24日、事業共創プラットフォーム「KDDI∞Labo」のイベント「MUGENLABO DAY 2020」を、遠隔地からも参加できるバーチャルイベントとして開催した。目玉は、スタートアップと大企業による新たな事業共創プログラム「∞(無限)の翼」。本イベントで、注目の第1弾が発表された。

 このイベントは3部構成で開催された。第1部は主催者であるKDDIによる挨拶。第2部は∞の翼のプロジェクト発表。第3部では、バーチャルガールズデュオ KMNZ(ケモノズ)がライブパフォーマンスをした。本稿では、5G時代の新たなオープンイノベーションである「∞の翼」を中心にレポートする。

登壇者は全員、リアルアバターでバーチャルイベント会場に登場した
登壇者は全員、リアルアバターでバーチャルイベント会場に登場した

 イベントでは、バーチャルSNS「クラスター」が活用された。KDDI Open Innovation Fundの出資先であるクラスターと、KDDIの連携が功を奏した好事例だ。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、KDDIは2月18日時点で、早々にバーチャルイベントとして開催する旨を発表していた。イベントにはクラスターアプリ経由で参加でき、YouTube LIVEでも配信された。

「私たち、アバターになっています!」と興奮気味に話す、司会進行と務めた2名のアナウンサー
「私たち、アバターになっています!」と興奮気味に話す、司会進行と務めた2名のアナウンサー
バーチャル会場では時折、桜の花びらが舞落ちる演出もあった
バーチャル会場では時折、桜の花びらが舞落ちる演出もあった

5Gは「接着剤」となり、大企業とスタートアップをつなぐ

 第1部ではまず、KDDI代表取締役社長の高橋誠氏が登壇。5Gは高速大容量、低遅延、同時多接続という技術的な変革が注目されているが、高橋氏は「5G時代=ビジネスモデルの変革期」だと強調する。

リアルアバターとして登壇したKDDI高橋社長
リアルアバターとして登壇したKDDI高橋社長

 「新しい時代の変わり目に、新しいビジネスモデルを提案した人が勝てる時代。5Gが産業の垣根をなくし、パートナーシップで新たなビジネスモデルを創る時がきた」と高橋氏。「5Gは大企業とスタートアップをつなぎ合わせる“接着剤”だ」と話し、KDDI ∞ Labo長の中馬和彦氏にバトンタッチした。

リアルアバターとして登壇したKDDI ∞ Labo長 中馬氏
リアルアバターとして登壇したKDDI ∞ Labo長 中馬氏

 中馬氏は、「これまで、インターネットとリアルの世界は別々に存在していたが、5Gの時代はリアルの世界がネットに融合される」と語り、5G時代に向けた新たなイノベーションプログラムを2つ発表した。「5G for Startups」と「∞の翼」だ。

新発表の事業共創プログラム「∞の翼」

 KDDIからスタートアップへ、アセットを提供するプログラム「5G for Startups」では、3つの支援を用意した。1つ目は、クラウド環境構築やMEC環境への移行など、5Gプロダクトの開発支援。2つ目は、KDDI DIGITAL GATE(虎ノ門)の開放など開発環境支援。3つ目は、5Gを完備するKDDI直営店の空間を開放する広報支援だ。「これを皮切りに、∞ Labのパートナー企業からも続々とアセットが提供される」と中馬氏。スタートアップ企業に参加を呼びかけた。

 続いてメインアジェンダとして、「∞の翼」の趣旨が説明された。スタートアップ数社がアイデアを持ち寄り、大企業はアセットを提供して、5Gが接着剤になりながら、今までにないような事業を共創していく。こうした新しい座組みが∞の翼である。大企業が予算を組んで実施予定のプロジェクトに、スタートアップの技術やアイデアが合わさり、一緒に事業を創るという。第1弾として発表されたのは、4つのプロジェクトだ。

「∞の翼」第1弾として発表された4つのテーマ
「∞の翼」第1弾として発表された4つのテーマ
第1部終了後のビデオメッセージでは、Now Do CEOの本田圭佑氏、SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二氏が“サプライズ登場”した
第1部終了後のビデオメッセージでは、Now Do CEOの本田圭佑氏、SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二氏が“サプライズ登場”した

リアルアバターで新たなコミュニケーション体験を創造する

 第2部では、∞の翼の4つのプロジェクトが発表された。まず大企業の代表者が登壇し、ゴールや提供アセットなどを説明したのち、パートナーとなったスタートアップを紹介。次にスタートアップの代表者が登壇し、事業共創のアイデアや自社の強みを説明した。

 新たなイベント参加やコミュニケーション体験をテーマとした、「5G×コミュニケーション」では、ミクシィのインキュベーション事業部長である江本真一氏が登壇した。ゴールは、ポストソーシャルゲーム時代のエッジコンテンツへの挑戦だ。ここで重要になるのが、リアルアバター。アニメ配信のアバターとは異なり、「その人の存在を認識できる」というパワーを持つ。

 ミクシィが提供するアセットは「マーケットイン」だ。スタートアップのテクノロジーやアイデアを、ミクシィがサービス化してユーザーに届けて、加速度的に広める、「バイラルマーケティング力」を提供する。リアルアバターは非常に大容量。江本氏は「5Gの高速大容量、同時多接続という特色が生かされる」と言及し、最初のパートナー企業となったVRCのCEO 謝英弟(シェーインディー)氏を紹介した。

VRCは、リアルアバターのデータを多様なサービスで利用できるオープンプラットフォームを目指している
VRCは、リアルアバターのデータを多様なサービスで利用できるオープンプラットフォームを目指している
バーチャル試着や、体型をビジュアル化することで健康意識を高めるなど健康領域へ転用を見据える
バーチャル試着や、体型をビジュアル化することで健康意識を高めるなど健康領域へ転用を見据える
 

 VRCは、全身を3Dモデリングして、わずか20秒でリアルな3Dアバターを生成する技術を持つ。本イベント登壇者のリアルアバターも、同社が生成したという。リアルアバターには、実世界での体験データを保有させることができる。人間の分身としてバーチャル世界に入ることで、様々なサービスをアップグレードできるという。謝氏は「リアルとバーチャル世界のパイプ役として、3Dの世界観を普及していきたい」と想いを語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]