logo

ゼンハイザー、ノイキャン対応完全ワイヤレス新モデル--こだわりの7mmドライバー搭載

加納恵 (編集部)2020年03月26日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンハイザージャパンは3月26日、完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2」(MOMENTUM True Wireless 2)を発表した。ノイズキャンセリング機能を搭載し、タッチ操作で切り替えられる「外⾳取り込み機能」も備える。発売は5月中旬予定。店頭想定税別価格は3万6300円になる。

「MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2」。後ろのモノクロ写真はゼンハイザー設立時の会社外観
「MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2」。後ろのモノクロ写真はゼンハイザー設立時の会社外観
ホワイトとブラックの2色を用意
ホワイトとブラックの2色を用意

 2018年に発売した「MOMENTUM True Wireless M3IETW BLACK」の後継機で、デザインコンセプトを継承しながら、イヤホン本体は現行機に比べ直径を2mm小さくすることに成功。設計を見直したほか、近距離磁気誘導技術であるNFMIを省くことで、小型化しているという。

 完全ワイヤレスイヤホンを安定接続できる技術として知られるNFMIだが、MOMENTUM True Wireless 2では、LDS(Laser Direct Structuring)アンテナを採用することで、安定性を確保。チップにはクアルコム製の最新チップを搭載し、途切れづらく快適な音楽再生を実現する。ワイヤレス接続のノウハウは、プロ用ワイヤレスマイクロフォンを長く手掛けるゼンハイザーの知見も取り込む。

 本体には7mmのダイナミックドライバーを搭載し、原音再生を完全ワイヤレスイヤホンにおいても追求。新たに搭載したノイズキャンセリングは、フィードフォワード方式で、遮音性の高い本体とあいまって、自然なノイズキャンセリングを実現する。

イヤホン本体は前モデルに比べ直径を2mm小型化している
イヤホン本体は前モデルに比べ直径を2mm小型化している

 左右のイヤホンに備えたタッチ操作により、ノイズキャンセリングと外音取り込みの切り替えが可能。GoogleアシスタントやSiriはタッチ1回で起動する。専用アプリ「Smart Control」を使用すれば、イコライジングによって好みの音質へとカスタマイズが可能。操作⼿順も変更できる。

 本体にはIPX4の防滴性能を実現。本体のみで最大7時間、ケースで最大21時間の再生ができ、現行機から大幅に長時間化している。対応コーデックはSBC、AAC、apt-Xで、再生周波数帯域は5〜2万1000Hz。USB-Cで充電ができる。

ファブリック素材を採用した充電ケース
ファブリック素材を採用した充電ケース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]