logo

Windowsに2件の未修正の脆弱性、限定的なサイバー攻撃も

ZDNet Japan Staff2020年03月24日 10時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月23日、Windowsに遠隔での任意のコード実行が可能になる2件の未修正の脆弱性が存在することを明らかにした。既に修正プログラムの開発に着手しているが、脆弱性を悪用する限定的なサイバー攻撃が発生したとして、緩和策の実施を呼び掛けている。

 2件の脆弱性はAdobe Type Manager Libraryに存在し、Adobe Type 1 PostScript形式を不適切に処理してしまうことに起因する。脆弱性の悪用には、ユーザーに細工したドキュメントを開かせたり、Windowsのプレビューウィンドウで表示したりするなど複数の方法があるという。

 脆弱性の影響は、1月にサポートが終了しているWindows 7やWindows Server 2008/R2を含めた広範なWindows製品に及ぶ。なお、サポートが提供されているWindows 10については、万一攻撃が成功しても、AppContainerサンドボックス内での限定された権限によるコード実行にとどまる場合があるとする。

 開発中の修正プログラムは4月の月例セキュリティ更新プログラムでリリースされると見られるが、Microsoftではパッチ提供までの下記の緩和策を紹介している。

  • Windowsエクスプローラーのプレビューペインと詳細ペインを無効にする
  • WebClientサービスを無効にする
  • ATMFD.DLLの名前を変更する(Windows 10バージョン1709以降には存在しない)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]