logo
新型コロナウイルス関連

アップル、新型コロナ関連のアプリ申請を制限--政府や実績ある組織のみに

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年03月16日 10時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは3月に入り、感染が拡大している新型コロナウイルスに関連するアプリの取り締まりを始めたと報じられていた。このほど、禁止措置を正式に開始する。

アプリストア
提供:James Martin/CNET

 Appleは米国時間3月14日、開発者サイトに掲載した声明で、コロナウイルス関連のアプリについて、「政府組織、健康に特化した民間公益団体、健康問題に関して資格や実績のある会社組織などの社会に認められた組織」からの提出のみを受け付けると説明した。また、「データソースが信頼できるものであるかどうか」を評価するとしている。

 Appleによると、承認されたアプリをできるだけ早く公開できるようにするため、同社の基準を満たす開発者はアプリを「Time-Sensitive Event」に該当するものとして登録申請できるという。これにより、審査が優先的に処理される。

 Appleは声明で、「App Storeはユーザーがアプリをダウンロードするにあたって常に安全で信頼できる場所であるべきだ。COVID-19のパンデミックに世界が挑んでいる状況では、今まで以上にこの点に関する責任を果たすことが重要になる」としている。

 Googleは、新型コロナウイルス感染症への対策について説明するブログ記事の中で、「Google Play」では開発者に対し、「配慮が求められる事象」を利用するアプリを禁止するとしている。Googleのコンテンツポリシーでは、「医療や健康に関連する機能を備えたアプリのうち、誤解を招くものまたは有害な可能性のあるもの」も禁止している。

 Microsoftも「Windows」コンピューター向けのアプリストアを運用しているが、同様の対策を取るかどうかということについてコメントしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]