logo

カプコン、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」を全世界で500万本出荷

佐藤和也 (編集部)2020年03月13日 19時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは3月13日、ゲーム「モンスターハンター:ワールド」の拡張コンテンツである「モンスターハンターワールド:アイスボーン」について、全世界で500万本を出荷したと発表。本数は、ダウンロード版販売数および「モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション」のディスク版出荷数とダウンロード版の販売数の合計数となっている。

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームで、シリーズ累計販売本数は6200万本(3月13日時点)。2018年1月にモンスターハンター:ワールドを発売し、同社では史上最高となる1500万本を達成している(1月2日時点)。

 モンスターハンターワールド:アイスボーンは、拡張コンテンツとしてPS4とXbox One版は2019年9月6日(※Xbox One版の発売地域は北米・欧州のみ)、PC(Steam)版は日本時間の1月10日に発売。新たなフィールドやモンスターをはじめ、新規アクション、クエストランクなどが追加され、「モンスターハンター:ワールド」のエンディング後の物語が展開される。

 モンスターハンターシリーズとしては、2月にスマートフォン向け新作アプリ「モンスターハンター ライダーズ」を投入し、 300万ダウンロードを達成。今後9月からは、シリーズ初となるハリウッド映画の公開も予定するなど、数々の施策を展開していくという。

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」スクリーンショット
「モンスターハンターワールド:アイスボーン」スクリーンショット

(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]