logo

グーグル、アップル、アマゾンら米40社以上が反LGBTQ法案に抗議

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年03月13日 11時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple、Microsoft、Amazon、Googleなどの大手テクノロジー企業を含む40社以上が米国時間3月11日、連名で公開書簡を発表した。米国各州で提出されている法案について、LGBTQコミュニティーの人々に悪影響を及ぼしかねないとして懸念を表明している

Googleのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 書簡には、「われわれは、米国各地の州議会に提出されている法案について深く憂慮している。これらの法案は、LGBTQの人を個別に取り上げて(その多くは特にトランスジェンダーの若者を標的にしている)、排除したり差別的な扱いをしたりするものだ」との記述がある。この書簡は、人権団体Human Rights Campaign(HRC)とFreedom for All Americans Education Fundの協力を得てまとめられた。

 書簡ではまた、そのような法律が施行されている州で最も適した人材を採用するのは難しいとも述べている。

 「これらの法案は、こうした州にすでに居住している従業員の家族に大きな負担をかける可能性がある。差別を助長する法案は、その差別が職場で起こるかどうかに関係なく、われわれのビジネスに直接影響を及ぼす」として、そのような法案の採決をめぐり、議員らに対し「廃案にするか法案成立に反対する」よう求めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]