logo

シザー式キーボード搭載の新「MacBook Pro」「MacBook Air」、第2四半期に登場か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月13日 06時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2019年に「MacBook Pro」の16インチモデルのキーボードを改善したが、そのキーボードをMacBook Proと「MacBook Air」シリーズの他のモデルにも搭載する準備が整っているらしい。

16インチのMacBook Pro
提供:Apple

 MacRumorsが入手したAppleに詳しい著名アナリストMing-Chi Kuo氏の新しいレポートによると、Appleは2020年第2四半期にMacBook ProとMacBook Airをアップデートする予定だという。両機種には、近年の「MacBook」、MacBook Air、MacBook Proのほとんどのモデルに採用されていたが評判の悪かった「バタフライ式」ではなく、それよりも従来型の「シザー式」キーボード設計が採用される見込みだとされている。

 バタフライ式キーボードをめぐってはあまりにも多くの問題が生じ、Appleは2018年、壊れたキーボードを修理するための無償交換プログラムを開始した。

 MacRumorsは、Kuo氏の以前のメモを基に、MacBook Proには、従来の13インチよりも大きくなった14インチモデルが提供されると予想している。MacRumorsによると、新型コロナウイルスのパンデミック宣言にもかかわらず、「MacBook関連のサプライヤーの稼働状態は3月下旬から大幅に回復し、MacBook ProとMacBook Airの新型モデル量産のための下準備が整うと(Kuo氏は)考えている」という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]