logo
新型コロナウイルス関連

「CES Asia」も延期が決定--新型コロナウイルスの懸念を受け

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年03月12日 10時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mobile World Congress(MWC)」や「South by Southwest(SXSW)」など、大規模なテクノロジー系カンファレンスが世界中で中止に追い込まれる中、「CES Asia」の主催者は米国時間3月9日、6月中旬に上海で開催予定だった同展示会を延期すると発表した。

CES Asiaの看板
提供:CES Asia

 「われわれの決定は、出展者、バイヤー、メディア、登壇者など、ステークホルダーの懸念を考慮した結果だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に対する懸念が世界的に拡大している状況では、これが関係者全員にとって最善の決断だと考えている」と、主催者の全米民生技術協会(CTA)は声明の中で述べている。

 2020年のCES Asiaは、6月10日から12日にかけて開催される予定だった。ラスベガスで開催される本家の「CES」ほど大規模ではないものの、主催者の発表によると2019年のCES Asiaには4万2000人以上が来場し、サムスン、華為技術(ファーウェイ)、Googleなど520社を超える企業が出展したという。

 「われわれがこのタイミングで今回の決断を下したのは、企業や出席者がCES Asiaのような展示会への準備にかなりの時間と労力を費やすことを認識しているからだ」とCTAは述べた。

 CES Asiaと同じく、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念を理由に、毎年恒例のイベントの中止や規模の縮小を余儀なくされたテクノロジー系カンファレンスは増え続けている。新型コロナウイルスは、米国での感染者が1000人近くに達し、世界全体では4200人以上が亡くなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]