logo

「iPhoneは除菌シートで拭いても大丈夫」--アップル、メンテ情報を更新

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月10日 08時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何年もの間、除菌シートで「iPhone」を拭かないようにとアドバイスしてきたAppleが、一部の除菌シートで端末を拭いてもよいと言い始めた。同社が態度を一変させた背景には、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染者数が世界で10万人を超え、懸念が高まっていることがある。

iPhone 11のAppleロゴ
iPhone 11のAppleロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Appleは米国時間3月9日、同社ウェブサイト内のApple製品の手入れ方法に関するページに、「Clorox Disinfecting Wipes」やイソプロピルアルコールを70%含有する類似製品で、iPhoneやその他の製品を「優しく」拭いてよいとする新たな記述を追加した。

 The Wall Street Journal(WSJ)が見つけた新しい文言の全文は次のとおり:

 「イソプロピルアルコール70%含有の除菌シートまたは『Clorox Disinfecting Wipes』で、Apple製品の通気孔のない硬い表面(ディスプレイ、キーボード、その他の外面など)を優しく拭いてもよい。研磨剤は使ってはいけない。開口部に湿気が入り込まないようにし、Apple製品を洗剤に浸してはいけない。布製やレザー製の表面には使用してはいけない」

 Appleはこれまで、除菌シートのアルコールで端末の撥油コーティングと撥水コーティングがはがれる恐れがあるとして、「洗浄用品」をiPhoneに使用してはならないとしていた。なお、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤はこれまで通り、Apple製品のお手入れに使用してはいけないとされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]