logo

プライバシー重視のDuckDuckGo、オンライントラッカー情報を公開

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年03月09日 14時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインでユーザーを追跡しない検索エンジンとブラウザー技術を手がけるDuckDuckGoは、オンライントラッカーについて収集したデータを共有することで、ユーザーのプライバシーを保護できるようにした。

DuckDuckGo
提供:DuckDuckGo; illustration by Stephen Shankland/CNET

 DuckDuckGoは、トラッカーに関するデータセットTracker Radar」をリリースした。このデータセットには、オンラインでユーザーを追跡している1727の企業や組織が利用するインターネットドメイン5326件に関する詳細な情報が含まれる。データは誰もが利用できる。ブラウザーメーカーのVivaldi Technologiesも利用し始めたという。

 DuckDuckGoの創設者で最高経営責任者(CEO)のGabriel Weinberg氏は、米CNETによる独占インタビューの中で、Vivaldiより広く利用されているブラウザーを含め、「他にも利用するところが出てくるだろう」と述べた。

 DuckDuckGoのブラウザーと拡張機能は2019年、2000万回ダウンロードされ、現在は1日に10万回のペースでダウンロードされているとWeinberg氏は明らかにした。

 DuckDuckGoは利益を上げている企業で、従業員83人を擁する。2020年に入り、これまでに検索回数は30億件を超えている。DuckDuckGoの検索結果には、Microsoftが配信する広告が表示されるが、それらの広告はユーザーの検索キーワードに基づくものであり、他のオンラインアクティビティーに基づく広告や、個人情報を収集して配信される広告ではない。

 Weinberg氏は、Tracker Radarのデータを公開することで自社のブラウザー拡張機能の「収益を減らす」可能性があることを認めたが、Weinberg氏は、「オンラインでの信用の水準を高めることが当社のビジョンだ」とし、「このビジョンは利益を得ることに勝る」と述べた。

 トラッカーをブロックすれば、動画の再生が妨げられる、オンラインでの取引が中断する、ログイン処理が失敗するといった問題が生じる場合がある。DuckDuckGoはこのような問題を確認しており、同社のブラウザーと拡張機能では、個人情報を公開することのないコードでこの問題に対処しようとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]