logo

TCLの3つ折りスマホ試作品、米CNET記者が進捗を確認

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2020年03月06日 12時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年10月、TCLのクレイジーな3つ折りスマートフォンの試作品をわれわれが前回目にしたとき、それはまだ初期の段階だった。コンセプトはできあがっていて、「DragonHinge」により複数の向きに折り曲げられるようになっていたが、画像を表示できるディスプレイはまだ存在しなかった。しかし、われわれは先ごろ、このユニークなスマートフォンとタブレットのハイブリッド端末を実際に触ってみる機会を得た。まだほとんどが試作品の状態であることに変わりはないが、いくらか進歩が見られ、実際に機能するデバイスになっている。

TCLの3つ折りスマートフォンを開いた様子
提供:Sarah Tew/CNET

 デバイスを完全に広げると、大型のプラスチック製ディスプレイを備えた10インチのタブレットになる。あるいは、折りたたんで2画面だけを開くようにすることもできる。使用しない画面はしまい込むか、デバイスの残りの部分を支えるスタンドとして使える。

 1画面だけが表示されるように折りたたんで、従来のスマートフォンのようなデバイスに近い形で使うこともできる。ディスプレイは3分割されており、それぞれが6.65インチのディスプレイと専用のバッテリーを備える。ご想像いただけるように、3つの画面をすべて折りたたむと、驚くほど厚くなる。案の定、3台のスマートフォンを積み重ねたような感じだ。

 「Android」を搭載したこのデバイスは、各画面の開閉に合わせて表示が調整されるが、モードを切り替える際の遅さは顕著だった。ただしそれも、このようなコンセプトデバイスには予想できることだ。

TCLの3つ折りスマートフォンを閉じた様子
提供:Sarah Tew/CNET

 TCLのグローバルマーケティング担当ゼネラルマネージャーであるStefan Streit氏はインタビューで、まだ名称のないこのデバイスはTCLが実験している数十の試作品の1つだと語った。

 こうしたデバイスの発売時期は未定で、実際に発売されるかどうかも分からない。もっともStreit氏は、同社による何らかの折りたたみ型デバイスが2021年前半に登場する見込みだとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]