logo

ヤマダ電機、顔認証決済「ヤマダPay」を5店舗で導入--国内の家電量販店で初めて

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマダ電機は2月28日、LABIカード会員向けサービス「ケータイde クレジット」の登録者を対象に、国内の家電量販店初の顔認証決済サービス「ヤマダPay」を導入したと発表した。対応するのは、YAMADA web.comの仙台センター店、つくば店、江東新砂店、武蔵村山店、神戸北店の5店舗。

キャプション

 同社は、2019年11月1日より、トリプルアイズの顔認証決済システムを使った実証実験を本社内で実施。その結果、安全性の面から決済サービスを提供できる環境が整ったため、ケータイdeクレジット登録者を対象に顔認証決済サービスを開始したという。

 トリプルアイズは、2019年3月にAIを活用し、顔の画像情報により来店者の分析をする独自のAI画像解析プラットフォーム「AIZE」を開発。ヤマダPayは、AIZEがベースとなっている。同プラットフォームにより、顧客の性別、年齢、感情などを読み取り、導入店舗の品ぞろえやメニューの充実につなげることが可能とする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]