logo

LINE、米国で仮想通貨取引所「BITFRONT」を運営開始--法定通貨との取引にも対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEと仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するLINE傘下のLVCは2月28日、日本を除くグローバル向け仮想通貨取引所「BITFRONT」を2月27日より運営開始したと発表した。


 BITFRONTは、LVC傘下のLVC USAが運営主体となり、仮想通貨同士の取引および、米ドルによる仮想通貨取引を提供する。LINEグループでは、LVCの傘下であるLINE TECH PLUSを通して、日米除くグローバル向け仮想通貨取引所「BITBOX」を2018年7月より運営しているが、法定通貨による仮想通貨の取引にも対応した本格的な取引所として拡充することを目的に、BITBOXはBITFRONTに移行する形となる。

 対応通貨は、LINE独自の仮想通貨「LINK」に加え、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、テザーの5つ。日本語を除く15の言語で取引が可能だ。また、BITFRONTでは、他の取引所やオーダーブックと連携することで市場の深さを確保し、呼値スプレッドを縮小。米ドルを利用した仮想通貨取引は、銀行口座と連携することで利用可能となる。

 なお、BITFRONは日本国籍者および、日本居住者は利用できないものの、LVCでは国内向け仮想通貨取引所「BITMAX」をすでに展開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]