logo

Facebook、SDKによる不正な個人データ収集でoneAudienceを提訴

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年02月28日 11時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間2月27日、ニュージャージー州に本社を置くデータ分析企業oneAudienceを相手取り、米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に訴訟を起こした。

Facebookの画面
提供:Kon Karampelas

 Facebookの主張によると、oneAudienceはアプリ開発者に金銭を支払ってアプリに自社のソフトウェア開発キット(SDK)をインストールしてもらい、その後SDKのコードを制御できる権限を利用してFacebookユーザーに関するデータを収集していたという。

 米ZDNetが入手した訴状によると、このSDKはショッピングやゲーム、ユーティリティー系のアプリに組み込まれており、その一部は公式アプリストア「Google Play」を通じて提供されていたという。

 訴状には次の記載もある。「これらのアプリのいずれかをデバイスにインストールすると、ユーザーがFacebook、Google、またはTwitterのアカウントを使ってそのアプリにログインした場合、oneAudienceは不正なSDKを通じて、デバイスおよび当該アカウントからそのユーザーに関する情報を収集できるようになっていた」

 さらに、「Facebookに関しては、oneAudienceは(Facebookに無断で)不正なSDKを利用し、ユーザーの氏名、電子メールアドレス、ロケール(ユーザーがログインした国)、タイムゾーン、Facebook IDのほか、一部のケースでは性別情報にもアクセスしてデータを取得していた」と続く。

 oneAudienceによるひそかなデータ収集行為を最初に暴露したのはTwitterで、同社は2019年11月26日に情報を公開した。Facebookも同日、それが事実であることを認めた。Twitterが当時公開した記事によると、同社はこの問題をAppleとGoogleに報告済みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]