logo

グーグル、「Chrome」のゼロデイ脆弱性などを修正

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2020年02月26日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月24日、3つのセキュリティ脆弱性に対処する「Chrome」のアップデートをリリースした。これら脆弱性のなかには、活発に悪用されているゼロデイ脆弱性も含まれている。

Chromeのロゴ
提供:deepanker70

 このゼロデイ脆弱性に対するパッチはChromeのバージョン80.0.3987.122の一部としてリリースされた。このアップデートは「Windows」「Mac」「Linux」向けに提供されている。

 共通脆弱性識別子「CVE-2020-6418」が割り当てられたこのゼロデイ脆弱性については、「V8内でのタイプコンフュージョン」とのみ説明されている。

 V8は、JavaScriptコードの処理を行うChromeコンポーネントの名前だ。攻撃者は「タイプコンフュージョン」を悪用し、アプリのメモリー領域内で論理エラーを発生させることで、そのアプリ内で悪意あるコードを制約を受けずに実行できるような状況を誘発できる。

 Chromeバージョン80.0.3987.122では他に2つの脆弱性を修正しているが、これらについて実際の悪用は確認されていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]