logo

クアルコム、5Gモデム「Snapdragon X60」を発表--2021年のスマホに搭載へ

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 湯本牧子 (ガリレオ)2020年02月19日 11時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは、2021年の5G対応スマートフォン向けに新モデムを用意している。異なる種類の無線信号をアグリゲートし、デバイスの平均通信速度を上げることを目指すものだ。

5G
提供:Graphic by Pixabay/Illustration by CNET

 Qualcommは米国時間2月18日、5Gモデム「Snapdragon X60」を発表した。Snapdragon X60は、5ナノメートルプロセス技術を利用して製造され、より高性能のデバイス向けでも、低消費電力化と小型化を実現しているという。前モデル「Snapdragon X55」と同様に、2Gネットワークから5Gネットワークまでをサポートし、6GHz帯のネットワークやミリ波ネットワークにアクセスする。

 X60の最大通信速度は下り最大7.5Gbs、上り最大3Gbpsをサポートする。Snapdragon X55は下り最大7Gbpsで、上りは同じ3Gbpsだった。

 平均速度も向上するという。Snapdragon X60はサブ6GHzネットワークとミリ波帯のキャリアアグリゲーションをサポートし、全体的なパフォーマンスを向上させる。

 ネットワーク事業者はスタンドアロンモードでサブ6GHz帯の最高速度を、キャリアアグリゲーションなしの場合と比べて2倍に引き上げることができるという(スタンドアロンモードでは、スマートフォンは直接5Gに接続する。現行の非スタンドアロンモードでは4Gがアンカーとして機能する)。

 Qualcomで5G事業担当責任者を務めるDurga Malladi氏は、ブログ記事の中で次のように述べた。「Snapdragon X60(中略)により、さらに多くの事業者が5Gを利用して光ファイバー並みのインターネット速度と低遅延性を実現でき、より多くの人に次世代のコネクテッド体験を提供できる。消費者は、極めて反応の速いマルチプレイヤーゲーミングや、没入感のある360度の動画、常時接続されたクラウドコンピューティングなどの用途を楽しめるようになる。また電力効率も向上し、バッテリーは1日中持続する」

 X60は、5Gをよりユーザーフレンドリーに、利用者が常に高速性を実感できるものにすることを目指す、Qualcommによる最新の取り組みだ。5Gの最高速度は驚くべきものだ。たとえば、米CNET記者がゲームアプリ「PUBG MOBILE」をダウンロードしたところ、4Gでは6分かかったが5Gではわずか2.5分だった。一方、移動すると安定した接続を保つのは難しかった。T-Mobileが採用するネットワークなど、低帯域のネットワークは5Gの適用範囲が広いが、米CNETのテストでは速度は4Gとあまり変わらなかった。

 そうした状況も、X60の登場によって変わる可能性がある。Qualcommは、X60を搭載したデバイスが2021年の早い時期に出荷開始されると見込んでいる。

 Qualcommのプレジデントを務めるCristiano Amon氏は、今回の発表に先立って行われたインタビューの中で、「5Gの(中略)約束を全面的に果たすことができる」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]