logo

クアルコム、第2世代5Gモデム「Snapdragon X55」を発表--下り最大7Gbps

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年02月20日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは米国時間2月19日、5G実現に向けた2つの新製品を発表した。

 「Snapdragon X55」は、2016年に発表されたモデム「X50」の後継製品だ。Snapdragon X55は、世界中のあらゆる周波数帯に対応すべく2Gから5Gまでをサポートする。下り最大7Gbpsの5Gモデムで、スマートフォン、モバイルホットスポット、ノートPC、タブレット、自動車、固定無線アクセスポイント向けに設計されている。

Qualcomm「Snapdragon X55」
提供:Qualcomm

 5Gのサポートを広めるには、無線通信事業者の協力が欠かせない。そこで、X55では、通信事業者が5Gと4G LTEのユーザーと端末を同じ周波数帯で同時にサポートできるようになっている。Snapdragon X55は、2019年終盤までに商用端末に搭載される見込みだ。

 「QTM525」は、世界のミリ波帯をサポートしつつ、厚さ8mm未満のスマートフォンの4隅に収まるサイズの製品となっている。

Qualcomm「QTM525」
提供:Qualcomm

 QTM525は14nmのRFトランシーバで、6GHz以下の5GとLTEに対応する。このアンテナモジュールは、北米、欧州およびオーストラリアでn258(24.25~27.5GHz)のサポートを追加する。Qualcommは、世界で初めて発表された100MHzの5G対応エンベロープトラッキングツール「QET6100」、5G/4Gパワーアンプ(PA)およびダイバーシティモジュールを統合した製品群、5Gに適応するアンテナチューニングソリューション「QAT3555」も発売すると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]