logo

[ブックレビュー]小さいからこそ使いこなせる--「時間をもっと大切にするための小さいノート活用術」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玄光社
詳細:単行本 / 191ページ / 玄光社 / 価格:1870円 / 著者:髙橋拓也 / 発売日:2020/01/31 / 外形寸法 (H×W×D):20.8cm×14.8cm×1.5cm / 重量:0.4kg
内容:なぜ「小さい」ノートなのか。かさばらず、軽くて小さいため、持ち運びしやすく、いつでもどこでもサッと取り出せる。実は筆者が愛用しているのが、パスポートサイズの薄いノートなのだが、本書で述べられている「小さいノート」の利点には、いちいち納得で、思わずうなずきながら読んでいたほどだ。
「時間をもっと大切にするための小さいノート活用術」
「時間をもっと大切にするための小さいノート活用術」

 なぜ「小さい」ノートなのか。かさばらず、軽くて小さいため、持ち運びしやすく、いつでもどこでもサッと取り出せる。実は筆者が愛用しているのは、パスポートサイズの薄いノートなのだが、本書で述べられている「小さいノート」の利点には、いちいち納得で、思わずうなずきながら読んでいたほどだ。

 著者は、特定のノートを勧めているわけではないが、さまざまなタイプの小さいノートが紹介されており、これほどの種類があったのかと驚かされる。もちろん、ノートの紹介だけでは終わらない。どのように使うと良いか、初めて小さいノートを使い始める場合は、どんなことを書けばとっつきやすいかなど、小さいノートを活用するためのアイデアも、次々に飛び出す。例えば、タスクリスト、チェックリスト、食事記録、思いつきのアイデア、原稿の下書きなど。

 人によって、仕事も生活も生き方も異なるため、小さいノートに書くことも全く変わるだろうが、一度使い始めると、小さいノートの利便性に感動し、手放せなくなるだろう。本書は、普段からノートを活用している人にも新たな発見があり、カラフルで眺めているだけでわくわくしてくるが、とくに「ちょっと気になる」という人に「刺さる」内容となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]