logo

ソニー、8Kブラビア「Z9H」発表--85V型の“輝き画質”

加納恵 (編集部)2020年02月07日 10時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月7日、85V型の8K液晶テレビ「ブラビア KJ-85Z9H」を発表した。8Kに合わせて開発した高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載したほか、モジュール単位でLEDバックライトが駆動する「Backlight Master Drive(バックライトマスタードライブ)」を搭載し、高解像度に輝きを加えた8K画質を再現する。発売は3月7日で、想定税別価格は200万円前後。「クリエイターの制作意図を忠実に再現する」MASTER Seriesに位置づける。

「8Kブラビア KJ-80Z9H」
「8Kブラビア KJ-80Z9H」

 X1 Ultimateは、4K液晶、有機ELテレビ「ブラビア Z9F/A9F」シリーズにも搭載されている次世代の高画質プロセッサー。従来モデルに比べ、約2倍のリアルタイム処理能力を持ち、それぞれの被写体に応じて最適に高精細化する、オブジェクト型の超解像処理を実現していることが特長だ。8Kテレビを見据え開発されており、8K液晶テレビでも、その性能を発揮する。

 LEDバックライトをモジュール単位で完全独立駆動するBacklight Master Driveを備えたほか、高輝度技術「8K X-tended Dynamic Range PRO」により、超高解像度と超コントラストを両立。明るい部分に電流を集中させることで、光の透過率が低い8Kパネルながら、超高解像度と超高コントラストを両立する。

 本体には「8K X-Reality PRO」を備え、2K、4Kなどのコンテンツを8K画質にアップコンバートして視聴することが可能。独自の8Kデータベースを使うことで、あらゆる映像を8K画質に高精細化処理して、映し出す。

 画面上下左右にミドルレンジスピーカーとトゥイーターを配置した2.2ch構成で、背面上部にはサブウーファーを左右に2つ搭載。音の定位のズレを解消し、映像と音の一体感を向上する「Acoustic Multi-Audio」を採用する。

 Android TVに対応し、Hulu、Netflix、U-NEXT、TSUTAYA TV、TVerなどの動画配信サービスにも対応。ネット動画もテレビ番組もサクサク視聴、操作ができる「サクサク操作」も可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]