logo

アイオワ州党員集会、結果発表延期の原因は新システムの問題

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年02月05日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイオワ州党員集会の集計結果の発表が延期になったのは、スマートフォンアプリを使用して結果を集計する新しい技術システムが原因だった。アイオワ州民主党本部は、手書きの結果と写真に加えて技術システムを使用する、新しい方式による集計で「矛盾」があったことが、遅延の理由だと説明した。

Iowa caucuses
提供:Getty

 民主党のアイオワ州委員長Troy Price氏によると、米国時間2月3日夜に処理が妨げられたのは、システムの「コーディングの問題」によるもので、アプリで部分的なデータのみが報告されたという。問題は修正済みで、集計データの正確性が損なわれたということはなく、サイバーセキュリティの問題もないと同氏は述べた。

 Price氏は4日、会見で「徹底的に、明確な、独立した調査を実施」し、何が起こったかを正確に把握すると述べ、謝罪の意を示した。

 アイオワ州党員集会は、2020年大統領選の初戦となり、民主党の指名獲得に向けて弾みをつけたい候補者らにとって今後の行方を占う重要な戦いだ。予備選挙とは異なり、党員集会は有権者が投票所に赴いて投票するというものではない。アイオワ州の党員集会はより複雑で、一人の候補者に対する支持を表明するために、人々が会場内を動き回るような形となる。体育館、教会の地下室、図書館などが会場となる。

 アイオワ州党員集会へのスマートフォンアプリの導入をめぐっては、数週間前から懸念の声が上がっていた。サイバーセキュリティ専門家らは、アプリに存在しうる脆弱性について不安視し、集計に遅延が生じれば結果の正当性を疑問視する声が上がるとして懸念していた。

 The Huffington Postによると、アプリを開発したのはShadowという企業だ。Shadowは、民主党系のデジタル非営利団体Acronym傘下で支援を得ているテック企業だという。Acronymは声明で、Shadowとは一線を画す立場を示している。Acronymはさまざまな先進的なメディアやテクノロジーセクターで複数の営利企業を支援する投資者であり、Shadowはその1社にすぎないとしている。

 Shadowは4日、ツイートで謝罪している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]