中小企業のWindows 10移行状況、12月時点で完了は56%--1割が「移行は考えていない」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルとEMCジャパンは、国内の中小企業を対象として、Windows 10への移行状況などに関する調査を2019年12月に実施した。それによると、Windows 10移行が完了していた企業の割合は56%にとどまり、「特に移行は考えていない」という企業が10%にのぼる、という結果が得られた

12月時点の移行状況(出典:デル、EMCジャパン)
12月時点の移行状況(出典:デル、EMCジャパン)

 各企業のIT担当者は56%が「完了済み」と答え、「現在移行中」との回答は15%あった。一方、移行作業に未着手の割合は約25%。その内訳は、「Windows 7のサポート終了までに移行を実施する予定」が15%、「特に移行は考えていない」が10%だった。「特に移行を考えていない」という回答者に理由を尋ねたところ、56%が「必要性を感じていない」と答えた。

 企業の規模別でみると、従業員数が1名から9名は「完了済み」「現在移行中」の合計が66%、10名から99名は同76%。移行遅れの理由としては、「データ・ソフトなどの移行」「予算」との回答が多い。

企業規模による比較(出典:デル、EMCジャパン)
企業規模による比較(出典:デル、EMCジャパン)

 Windows 10への移行方法は、「パソコンの買い替え」が54%、「現行パソコンのOSアップグレード」が31%、「パソコンの買い替えとアップグレードの併用」が15%。

移行方法(出典:デル、EMCジャパン)
移行方法(出典:デル、EMCジャパン)

 また、中小企業においてIT担当者は92%が他業務との兼任で作業しており、IT管理専門という人は8%しかいなかった。各自のIT知識レベルは、「少しある(パソコンのカタログを見て機能・性能を理解できる)」が40%で最多。「十分にIT知識がある」は9%。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]