logo

ロボットが「触覚ハンド」でハンドドリップに挑戦--QBIT Robotics

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロボティクス サービス プロバイダーのQBIT Roboticsは2月5日、東京ビッグサイトで開催される「第4回 ロボデックス」(2月12〜14日)において、豊田合成が出展するブースに両社のコラボハンドである「触覚ハンド」を用いたデモンストレーションを実施すると発表した。

キャプション

 触覚ハンドとは、軽くて柔らかく高精度な「e-Rubberセンサ」を用いた触覚付きロボットハンド。従来難しかった、柔らかいものや異なるサイズのものを容易に掴めるのが特徴。両社では、人手不足が深刻化している飲食やサービス業での触覚ハンド実用化に向け、コラボレーションを推し進めている。

 デモンストレーションでは、同社のロボットシステムに触覚ハンドを取り付け、サービスロボットがハンドドリップに挑戦する。

 具体的には、ポットやケトルなどを掴み、湯量や抽出時間を守ったドリップを行い、美味しいコーヒーを入れ、来場者へと振る舞うという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]