logo

渋谷区、行政サービスのオンライン本人確認でLINEの顔認証技術を試験採用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは2月3日、渋谷区のLINE公式アカウントでの行政サービス申請におけるeKYC(オンライン本人確認)の実証実験に、AIソリューション「LINE BRAIN」の顔認証技術とID Card OCRが採用されたと発表した。渋谷区は区庁職員に限定して実証実験を開始する。

 同社は、渋谷区と行政サービスのIT化/高度化を通じた地域課題解決に向けて「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を2016年8月に締結。2017年8月より、渋谷区の公式アカウント上でAIチャットボットを使った子育て支援サービス、同年10月からはごみの分別・粗大ごみに関する問い合わせ対応を開始していた。

 また、2019年4月には、住民票の写しなどの発行手数料が、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「コード支払い」に対応している。その後、特別区民税・都民税など一部の税についても、令和元年度分からLINE Payで納付可能となっている。

 渋谷区では新たに、LINE公式アカウントを活用して住民票や税証明書の申請を可能とする「LINEを活用したオンライン申請等」を4月より開始する。その申請に必要なeKYCの実証実験を2月から開始し、その実証実験にLINE BRAINの顔認証技術とID Card OCRの採用を決定した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]