logo

LINE Pay、クレカ発行でオリコと提携解消--カード提供は検討しつつ「時期は未定」

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2020年01月31日 17時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリエントコーポレーションとLINE Payは1月31日、「LINE Payクレジットカード」の発行における業務提携契約を解消すると発表した。

 LINE Payは、Visaのタッチ決済機能を搭載したクレジットカードの発行に関し、2019年6月27日付けでビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、オリエントコーポレーションとの合意を発表。LINEウォレットとの連携や、初年度は「LINEポイント」を3%還元するなど、カードの利用に応じてLINEポイントを含むさまざまな優待特典の提供を予定していた。

キャプション
「LINE Payクレジットカード」は、2019年のLINE CONFERENCEにて、クレジットカード発行に関してオリコと提携すると発表した

 LINE Pay広報担当者に今回の提携解消について確認したところ、「毎日決済関連の新情報がある中で、市場環境の急速な変化とともにユーザーニーズが変化。ユーザーに最適なサービスを検討する中で、先方と協議して解消となった」とコメント。2020年1月でのカード発行を予定していたが、LINE Payとして考えているサービスレベルでの提供が難しかったようだ。

 同社では、クレジットカードを重要戦略に位置付けており、Visaとのパートナーシップは継続。新たなパートナーを見つけてクレジットカード発行にこぎつけたいとしている。こうした事情もあり、発行自体は前向きではあるものの、具体的な提供時期については「現時点では未定」としている。

 また、オリエントコーポレーション広報部に確認したところ、「リリース以上でお話することはない」としつつ、市場環境の変化について「国内のキャッシュレス決済の市場自体は拡大しているが、お客様の期待するサービスレベルも高まっている。また、キャッシュレス決済事業者間での競争も激化している」とコメント。同社ではLINE Creditと融資事業を展開しているが、こちらについては特に影響はないとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]