logo

アップル、進化した「マップ」を米国で提供開始

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月31日 13時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月30日、刷新した「マップ」の提供を米国で開始し、欧州にも「数カ月のうちに」提供すると発表した。ナビゲーションの速度と精度が高くなり、「道路、建物、公園、空港、モールなどを包括的に表示」できるようになっている。

新旧の違い 新旧の違い
提供:Apple

 Appleは、数百機の航空機と車両にカスタムメイドのセンサーやLiDARを搭載し、400万マイル(約640万km)以上の距離を飛行/走行することにより、この地図サービスを一から再構築した。これにより「Googleマップ」や「Waze」などの競合製品からユーザーを獲得する狙いとみられる。

 「今日の人々がどのように世界を移動するかを反映した、地球上で最高かつ最もプライベートな地図アプリを作成しようと考えて、作業を開始した」と、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデントを務めるEddy Cue氏は、プレスリリースで述べた。「多大な投資をした取り組みであり、プライバシーを中心に据えつつ、職場や学校までの道案内から重要な休暇の計画にいたるまでの人々の生活を、マップによっていかに向上させるかを再考するために、地図を一から再構築する必要があった」(同氏)

 さらにスーパーボウルを目前に控えたマイアミでは、リアルタイムの交通案内機能を30日から提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]