logo

LINE独自の仮想通貨「LINK」、日本でも2020年4月以降に取り扱い開始へ

山川晶之 (編集部)2020年01月30日 16時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEのグループ会社であり、仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCは1月30日、両社の傘下であるLINE TECH PLUS PTE. LTD.(所在地シンガポール)が発行する仮想通貨「LINK(通貨コード:LN)」を、2020年4月以降に日本でも取り扱いを開始すると発表した。

 LINKは、同社が日米以外で展開する仮想通貨取引所「BITBOX」にて、2018年10月より扱っている通貨。ブロックチェーンを活用し、サービス発展に貢献したユーザーに報酬として付与することで、サービスとユーザーの共創関係を目指す「LINE Token Economy」構想の中核をなす通貨となっている。

 同通貨は、LINEの国内向け取引所「BITMAX」で上場予定で、詳細については決まり次第告知するとしている。なお、LVC広報部に確認したところ、現時点では金融庁のホワイトリスト(取り扱い可能通貨)に入ってないものの、4月以降で取り扱いできる予定という。

 同社では、これまで法律上の関係から、国内ではLINKとは異なる「LINK Point」を使用しているが、LINK Pointとのすみ分けについてはLINK上場確定後にあらためて発表する。対象となるサービスも未定だが、ブロックチェーンベースのサービスになるとみて間違いないだろう。

 なお、同社ではLINE Token Economy構想発表時に5つのアプリを発表したが、「LINE STEP」と「4CAST」、「Wizball」についてはすでにサービス終了。グルメレビューアプリ「LINE CONOMI」とリアルタイム画像検索アプリ「LINE Pasha」については、サービス継続中だがまだブロックチェーンベースに移行していない。Token Economy関連アプリについても新情報を期待したいところだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]