logo

コイニー、店舗向けキャッシュレスサービスの「Coiney」を「STORES」に名称変更へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コイニーは1月30日、同社が運営するキャッシュレスサービス「Coiney」のサービスブランド名称について、グループ会社であるストアーズ・ドット・ジェーピーが提供するサービス「STORES.jp」とともに、4月より「STORES」に変更すると発表した。


 これにより、「Coineyターミナル」が「STORESターミナル」、「Coineyスキャン」が「STORESターミナル」、「Coineyペイジ」が「STORES請求書決済」へと変更される。その他、サービスの内容、利用方法については変更はないという。移行準備期間は2〜3月を設定しており、4月より新サービス名称を順次適用する。サービスサイトもリニューアルする。

 同社は、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などに対応した店舗向けのキャッシュレス対応サービスとして、2013年からCoineyを開始。白くて丸いカードリーダー「Coineyリーダー」から始まり、ICカードに対応したCoineyターミナルへと形を変えながら、サービスを展開している。

 同社では、今後もSTORESターミナルを拡張し、より多くの店舗の成長に貢献できるようサービス展開するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]