logo

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの日本一は読売ジャイアンツに

佐藤和也 (編集部)2020年01月27日 15時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は1月25日、東京都内にあるesports 銀座 studioにて、「eBASEBALL プロリーグ 2019シーズン SMBC e日本シリーズ」を実施。読売ジャイアンツ(巨人)が千葉ロッテマリーンズを下し、日本一になったことを発表した。

e日本シリーズを制した読売ジャイアンツ
e日本シリーズを制した読売ジャイアンツ

 eBASEBALL プロリーグは、「実況パワフルプロ野球」を使用した、NPBとKONAMIが共催のプロ野球eスポーツリーグ。プロ野球12球団が実際のプロ野球同様にセ・リーグとパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけて争うというもの。初開催となった2018シーズンに続き、2シーズン目が行われた。

試合の様子
試合の様子

 この日のゲストには、プロ野球OBで eBASEBALL プロリーグ応援監督の真中満さんや斉藤和巳さん、 G.G.佐藤さん、岩村明憲さんが登場したほか、読売ジャイアンツの原辰徳監督と千葉ロッテマリーンズの井口資仁監督からビデオメッセージが上映。また、東京・豊洲で開催された無料のパブリックビューイングには、約200人のファンらが訪れたという。

 なお、最優秀選手(MVP)には、巨人の舘野弘樹選手が受賞。NPBの斉藤惇コミッショナーからは、eBASEBALL プロリーグの2020シーズン開催も発表したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]