logo

イノベーションを起こす組織をどう作るか--「CNET Japan Live 2020」2月18日開幕

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日インタラクティブが運営するITビジネスメディア「CNET Japan」は、2月18〜19日の2日間(開催時間10時〜17時20分)にわたり、ビジネスカンファレンス「CNET Japan Live 2020」を、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催する。今回のテーマは「企業成長に欠かせないイノベーションの起こし方」だ。

 1日目となる18日の登壇企業は、三井不動産やKDDI、NTTコミュニケーションズ、クニエ、Sun Asterisk、スペックホルダー、セブン銀行、三越伊勢丹、LIXILなど。神戸市副市長や渋谷区副区長も登壇する。

 2日目となる19日は、ANAホールディングスや西日本電信、WHITE、NTTドコモ・ベンチャーズ、ストックマーク、イグニション・ポイント、WHILL、Photosynth、BONXなどが登壇する。

CNET Japan Live 2020「企業成長に欠かせないイノベーションの起こし方」
CNET Japan Live 2020「企業成長に欠かせないイノベーションの起こし方」

 三井不動産は、経営企画部 ビジネスイノベーション推進グループ長の須永尚氏が、「骨太なイノベーションへのチャレンジ。イノベーション人材の発掘・支援とソーシャル化を目指して。」と題し講演。既存事業とイノベーションの間にある、意志決定やスキル、カルチャー、人間関係などといった対立する概念を念頭に、不動産というリアル価値勝負の業界における同社の取り組みについて紹介する。

 KDDIは、「新たな価値の創造へ。デジタルトランスフォーメーションを実現する組織に必要なこと」と題し、経営戦略本部 KDDI DIGITAL GATE センター長の山根隆行氏が講演する。KDDIのこれまでの取り組みや、KDDI DIGITAL GATEでの共創事例を交え、「部門横断型の自律的なチーム」の作り方や、新規ビジネスを創り出すための開発環境、ワークスタイルなどを紹介する。

 ANAホールディングスでは、2016年にイノベーション部隊として「デジタル・デザイン・ラボ」を発足している。ベンチャー企業として創業したANAの新たな取り組みについて、デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクターの津田佳明氏が「ANAデジタル・デザイン・ラボが描く未来のエアライン」と題し講演する。

 1日目のパネルディスカッションでは、「自治体と民間のコラボレーションの現状と今後」と題し、神戸市副市長の寺崎秀俊氏と、渋谷区副区長の澤田伸氏が登壇。民間企業とコラボレーションや提携している両自治体の狙いなどを聞く。モデレーターは、CNET Japan 編集長の藤井涼が務める。

 チケットの価格は、1DAYチケットが6600円、2日間参加できるPremierチケットが1万1000円。なお、2月7日まではPremierチケットを早割価格の6600円で購入できる。また、学割チケット(2日券)も4400円で販売している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]