logo

5Gスマホ、2022年までに携帯端末出荷の43%に--ガートナー

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年01月22日 11時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手調査会社Gartnerの予測によると、5G対応スマートフォンは今後2年間で世界市場シェアを伸ばすという。Gartnerの調査チームは米国時間1月21日、スマートフォンの5G対応モデルについて、2020年には世界の携帯端末出荷台数の12%を占めるが、端末の価格が下がり5Gの対応地域が拡大するにつれて、2022年までに43%に増加するとの予想を明らかにした。

画面に「5G」と表示されたスマートフォン
提供:Arne Dedert/DPA/AFP via Getty Images

 携帯端末市場は全体として2020年に1.7%成長すると予想している。スマートフォンの出荷台数は2019年に前年比で2%減少したが、2020年には中華圏とアジア太平洋の新興諸国がけん引し、回復する見込みだという。

 Gartnerで調査担当シニアディレクターを務めるRanjit Atwal氏は、プレスリリースの中で次のように述べた。「2020年には、市場はわずかに回復するだろう。(中略)さらに多くの5G端末が発売されて携帯端末の買い替えが進むため、世界のデバイス出荷台数は2020年に成長を回復することになる」

 2023年までに、5G端末は携帯端末総出荷台数の50%以上を占めるとAtwal氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]