logo

普通の眼鏡にそっくりなスマートグラスの新製品「Focals 2.0」を試着

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年01月21日 12時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分がいつもかけている眼鏡とそっくりのスマートグラスを見つけ、試着してみた。ラスベガスで開催されたCES 2020で1週間にわたり最新技術を見て回った終わりに、Northの「Focals 2.0」を試してみることができたのは幸運だったと言えるだろう。

Focals 2.0
Focals 2.0
提供:North

 筆者は2019年にもNorthのスマートグラスを試着し、同じような感想を抱いたことがある。だが、最初のスマートグラスは販売終了となり、新しいモデルが登場した。その理由はわかる。新しいモデルはさらに薄くなり、以前よりはるかに普通の眼鏡らしくなっていた。

 もっとも、普通の眼鏡っぽいからといって、いつも装着するものになるとは限らない。スマートグラスは、普通の眼鏡としても快適に使えなければならない。筆者が眼鏡をかけているのは、その必要があるからだ。強度の近視をコンタクトレンズで矯正することもできるが、眼鏡の方が気軽に使える。

 新しくなったFocalsでは、以前のモデルのように、つるの部分に組み込まれた小さなプロジェクターからレンズに向けて映像が投影されることはない。その代わり、レンズ自体にプロジェクターが組み込まれている。映像を映し出すのに使われるレンズ内の導波管は少し大きくなり、かすかに光っていた。右目の近くで空中に表示される映像のサイズはスマートフォンのスクリーン並みだ。

 自分の眼鏡をFocals 2.0の試作品の隣に置いて前から眺めてみると、どちらの眼鏡もほとんど同じように見えた。違っていたのはつるの部分で、今のところFocals 2.0のほうがやや太い。だが、これも改良されるに違いないと筆者は考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]