logo

マイクロソフト、新しい「Edge」を正式提供--「Chromium」ベースで互換性強化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月16日 10時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはこの1年間、「Edge」ブラウザの中核部分の更新に取り組んできた。そして今、あらゆるユーザーに展開するのに十分なものになった判断したようだ。同社は米国時間1月15日、同ブラウザからベータ版という表記を取り除き、MicrosoftのEdgeウェブサイトからのダウンロード提供を開始した。

Edgeのロゴ
提供:Illustration by Stephen Shankland/CNET

 2015年に導入されたEdgeは、「Internet Explorer」(IE)の古いコードを取り除いて現代化を図るための取り組みの一環だった。しかしEdgeは、十分に多くのウェブサイトとの互換性を維持することができず、顧客離れが進行していた。

 Edgeの今回の新バージョンは、GoogleのChromeブラウザのオープンソース基盤である「Chromium」への移行という抜本的改革を果たしたものだ。Chromiumを採用することで、互換性の問題が緩和される。新しいEdgeはロゴも変わった。打ち寄せる波が青、緑、水色のグラデーションで円形に渦巻くロゴは、IEの古い青色の「e」のアイコンをほうふつさせる。

 「新しいMicrosoft Edgeは現在、サポート対象のすべての『Windows』と『macOS』に対し、90を超える言語でダウンロード提供されている」と、MicrosoftのWindows担当コーポレートバイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏はブログ記事で述べた。「Windows Update」による自動配信を待つ方法もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]