logo

デンソーとクアルコム、自動車向けコックピットを共同開発--「Harmony Core」をベースに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンソーとQualcomm子会社のQualcomm Technologiesは、自動車向けコックピットシステムを共同開発すると発表した。

自動車向けの統合情報システムHarmony Coreをベースに(出典:デンソー)
自動車向けの統合情報システムHarmony Coreをベースに(出典:デンソー)

 近年の自動車は、さまざまな先進運転支援システム(ADAS)やエンターテインメント機能が搭載され、多数のカメラやセンサーからの情報を適切にドライバーへ伝達しなければならない。そのためには、以前から使われているメーター類に加え、ヘッドアップディスプレイ(HUD)や音声機能など複数のインターフェイス(HMI)を連携させる必要がある。

 そこでデンソーは、同社がBlackBerryと共同開発した自動車向けの統合情報システム「Harmony Core」をベースに、次世代のコックピットシステムのアーキテクチャーを開発する。その際、Qualcomm Technologiesの通信技術、スマートフォン向け半導体、ソフトウエアなどを活用する考えだ。

 そのうえで、コネクティッドカーを想定し、外部クラウドサービスなどとの連携、ドライバーと乗客の個人認証、ディスプレイの操作性向上といった目標を通じ、ユーザーの利便性向上を図るという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]