logo
CES 2020

Bluetoothの新しい音声規格「LEオーディオ」、CESで発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月08日 10時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近くBluetoothに追加される新しいオーディオ技術により、ワイヤレスイヤホンの音質は向上し、バッテリー持続時間は延長するに違いない。Bluetooth技術の推進団体であるBluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は、技術見本市CES 2020で米国時間1月6日、次世代Bluetooth Audioである「LE Audio(LEオーディオ)」を発表した。この技術は、音質と消費電力の間のより良いバランスを実現するという。

Bluetoothのロゴ
提供:Bluetooth SIG; Stephen Shankland/CNET

 Bluetoothは、イヤホン、スピーカー、補聴器といった機器を、スマートフォン、PC、自動車などの音源に近距離で接続するための無線通信技術だ。Bluetooth SIGの多くの参加メンバーが近年、Bluetooth Low Energyで低消費電力化に集中的に取り組んでいる。

 ドイツの研究機関Fraunhofer IISで通信オーディオ部門の責任者を務めるManfred Lutzky氏によると、この新しいオーディオ圧縮技術では、伝送する音声データ量を半分にした場合でも音質がこれまでのBluetoothオーディオ規格よりも高いという。

 LEオーディオによるもう1つの大きな変化は、1台のスマートフォンやPCなどのデバイスから、多くの受信側デバイスに音声を配信できることだ。

BluetoothデバイスのLEオーディオ対応
LEオーディオに対応するBluetoothデバイスは、これから2021年にかけて登場する見込みだ
提供:Bluetooth SIG

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]