AGC、薄さ9mm以下の超薄型両面ディスプレイを開発--JOLED製有機ELを搭載

加納恵 (編集部)2020年01月07日 12時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AGCは1月7日、超薄型のガラスサイネージ「infoverre Paper like Screen(インフォベール ペーパーライクスクリーン) シリーズ」を開発したと発表した。有機ELを搭載した超薄型両面ディスプレイになる。

「infoverre Paper like Screenシリーズ」
「infoverre Paper like Screenシリーズ」

 infoverre Paper like Screenシリーズは、JOLEDの有機EL技術に、AGCのガラスにディスプレイを貼合する技術を応用し、厚み9mm以下の超薄型両面ディスプレイを実現したもの。電車やバスの中吊り広告、電車の戸袋など、これまでディスプレイの設置が難しかった場所に設置できるとしている。

 AGCでは、視認性とデザイン性に優れ、省スペース化できる「infoverre」を2013年から開発。ガラスに映像を表示するサイネージとして、ビル、空港、ショッピングモールなどに導入が進んでいるとのこと。透明ディスプレイを複層ガラスに組込み、車窓に合わせて情報を表示できる「infoverre WINDOWシリーズ Clear Screen」や通常のガラスサイネージと比較して約半分の重量になる「infoverre Light Screenシリーズ」などの開発も進めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]