logo
CES 2020

ソニー、8K液晶テレビ「Z8H」シリーズを公開--「フレーム トゥイーター」でリアルサウンド

加納恵 (編集部)2020年01月07日 11時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月7日、米ネバダ州ラスベガスにて開催される「CES2020」において、8K液晶テレビ「Z8H」シリーズを公開すると発表した。あわせて、残像感を抑え、画面の明るさを確保できる有機ELテレビ「A8H」も展示している。

 8K液晶ブラビア「Z8Hシリーズ」(海外発表モデル)
8K液晶ブラビア「Z8Hシリーズ」(海外発表モデル)

 Z8Hシリーズは、高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載したことに加え、独自の新「フレーム トゥイーター」を搭載。薄型デザインながらも画面から音が鳴っているかのようなリアルなサウンド体験を実現するという。

 A8Hシリーズには、動きの早い映像をくっきりと映す「X-Motion Clarity(エックスモーション クラリティー)」を新たに搭載。残像感を抑えつつ、画面の明るさを確保することで、よりリアリティのある映像表現が可能になったとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]