logo
CES 2020

パナソニック、4K超高解像度でHDR対応の眼鏡型VRグラスを開発

加納恵 (編集部)2020年01月07日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月7日、HDR対応の眼鏡型VRグラスを開発したと発表した。Kopinとパナソニックが共同開発したマイクロ有機ELパネルを搭載する。米ネバダ州ラスベガスにて開催される「CES2020」のパナソニックブースで参考出展する。


HDR対応の眼鏡型VRグラス
HDR対応の眼鏡型VRグラス

 4K超の高画質で、画素境界が網目のように見える「スクリーンドア効果」の発生を抑え、自然で滑らかな映像を実現。磁性流体を用いたテクニクス独自のダイナミック型ドライバーを採用し、超低音から高音まで広帯域再生に対応する。

 光学モジュールは、Kopin、3M、パナソニックで共同開発したものを使用。歪みを抑え、自然な映像を超単焦点で表示できるため、小型・軽量で眼鏡のような形状を実現できたという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]