logo

ベライゾン、5G提供地域が30都市を突破--計画を実現

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年12月24日 10時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米通信大手Verizonが、2019年中に30以上の都市で5Gネットワークを提供するとの計画を実現した。年末に入ってからの攻勢が実を結んだようだ。同社は先週、5Gの提供地域を一気に増やして28都市とし、さらに米国時間12月23日には、オハイオ州のクリーブランドとコロンバス、バージニア州ハンプトンローズの3都市を加えて計画の30を突破した。

Verizonのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 他の都市と同様に、新たに5Gが提供開始された都市でも、利用できるのは特定地域に限られ、また多くの場合、5G信号が届くのは屋外のみとなる。それに加え、5Gを利用できる無制限のデータプランと、5Gに対応するVerizon端末7機種のいずれかが必要になる。2020年には、さらに多くの対応端末が登場する見込みだ。

 現在の31都市のほかに、Verizonは以前、カンザスシティーとサンディエゴも5G提供都市の候補に挙がっていると発表していたが、両都市に年内に5Gネットワークが提供されるかどうかは、現時点では不明だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]