logo

アップル、動画配信めぐりMGMや米大学スポーツリーグと協議か

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月20日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドは、すでに殺しのライセンスを持っているが、近いうちに「Apple TV+」と契約するライセンスを得るかもしれない。

提供:Apple
提供:Apple

 The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間12月19日に報じたところによると、Appleは2019年に、「007」シリーズの制作会社であるMGMや、大学スポーツの大手リーグPacific-12 Conference(Pac-12)と予備交渉を行ったという。交渉は、「Apple TV」アプリと月額4.99ドル(日本では600円)のサブスクリプションサービス「Apple TV+」の魅力を高める取り組みの一環だとされる。

 AppleとMGMにコメントを求めたが、今のところ回答はない。Pac-12の広報担当者はコメントの求めに応じなかった。

 この交渉は、ストリーミングサービスのApple TV+でオリジナル番組を提供する戦略からの拡大にAppleが関心を持っていることを示唆しているとも考えられる。Apple TV+は、2019年に10本に満たない番組からスタートし、ドキュメンタリーやOprah Winfrey氏の番組などのコンテンツを制作すると約束している。スポーツの生中継への進出も検討している可能性がある。両者との話し合いのいずれかがApple TVアプリとの関係拡大や、Apple TV+での配信に関わっているのかは不明だ。

 Appleは2019年にサブスクリプションサービスを拡大し、月額9.99ドル(日本では980円)の「Apple Music」サービスや写真およびデータのストレージサービス「iCloud」から、エンターテインメント関連のサービスへと手を広げてきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]