logo

AT&T、飛行船タイプのLTE基地局「FirstNet One」開発--被災地で通信サービスを提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tは、災害に見舞われた地域で臨時のモバイル通信サービスを提供する手段として、LTE基地局として機能する飛行船「FirstNet One」を発表した。

飛行船タイプのLTE基地局(出典:AT&T)
飛行船タイプのLTE基地局(出典:AT&T)

 大地震や大規模火災、竜巻、ハリケーン(台風)、洪水などに襲われた被災地では、救助隊や被災者の活動を支援するために、モバイルネットワークのサービスを維持することが大切だ。AT&Tは、ネットワーク災害対応(NDR)チームを運営し、ヘリコプター型の無人飛行機(UAV)を使った空中基地局「Flying COW」などの開発に取り組んで来た。

 FirstNet Oneは、高度1000フィート(300m強)まで上昇し、そこからLTE通信サービスを提供できる飛行船。ヘリウムガスを補充することなく、約2週間の連続運用が可能。FirstNet Oneを導入すると、車両タイプの移動基地局「SatCOLT(Satellite Cell Site on Light Truck)」の展開数を減らせるとしている。

 なお、AT&Tはこれまで6億5000万ドル(約710億9700万円)以上の資金を投入し、被災地での緊急通信サービス提供に取り組んできた。NDRチームの出動回数は、2011年以来200回を超えたという。米国内の4拠点、米国外の1拠点に機材を保管しており、40カ所以上ある施設を通じ、派遣要請から14時間で対応できる体制を整えているそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]