logo

JR東日本など、NFCタグで各種タッチ対応サービスを技術検証--交通や決済で活用へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)、アクアビットスパイラルズ、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、大日本印刷(DNP)の4社は12月9日、NFCタグとNFC対応スマートフォンを活用するサービスについて、共同で技術検証すると発表した。

 交通や決済の分野を中心に、NFCタグにスマートフォンをかざすだけで利用できるサービスの拡大や、既存のタッチ対応サービスとの組み合わせを検証していく。

 薄い紙やシールといった形態で配置可能なNFCタグは、決済端末のような機器を用意する必要がない。そのため、キャッシュレス決済などのサービスが導入しやすいという。また、消費者もNFC対応スマートフォンをタグにタッチさせるだけの操作で済み、専用アプリを起動する手間がかからない。

 4社の技術検証では、利用シーンとしてチケット確認や支払い実行を想定。たとえば、NFCタグにタッチしてタクシー配車依頼、売店やレストランでの支払いなどが考えられる。

NFCタグで各種タッチ対応サービスを検証(出典:JR東日本など4社)
NFCタグで各種タッチ対応サービスを検証(出典:JR東日本など4社)

 実験で使用するNFCタグとしては、アクアビットスパイラルズの「スマートプレート」も利用可能だ。

スマートプレートの紹介ビデオ(出典:アクアビットスパイラルズ/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]