logo

イランのネット利用制限、大統領が強化を示唆

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月10日 12時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イラン政府は11月にガソリン価格の値上げを発表し、それがテヘランでの大規模な抗議活動につながった。広がる不満を鎮めるために、イラン政府はインターネットを事実上遮断。イランの治安部隊が1週間にわたってデモ隊の取り締まりに当たり、死者の数は推定で140~208人にのぼった。。その後、インターネットへのアクセスは徐々に回復している。Hassan Rouhani大統領の発言から判断すると、インターネットの遮断は、2020年以降のさらなる検閲の前触れとも考えられる。

Hassan Rouhani大統領
Hassan Rouhani大統領
提供:Anadolu Agency

 Radio Fardaによると、Rouhani大統領は現地時間12月8日にイランの議会で、政府が承認したウェブサイトのみを閲覧可能にする「国家情報ネットワーク(NIN)」が拡充され、「人々がニーズを満たすために外国(のネットワーク)を必要としなくなる」と述べた。同大統領によると、NINの強化命令はイランの最高指導者Ali Khamenei氏から出されたものだという。

 NINを強化すれば、イラン政府はインターネットへのアクセスを統制して、それによる経済的なダメージを受けずに、イラン国民を世界から切り離せる。イラン政府はNINによって、全面的遮断という露骨で費用のかかる手段とは異なり、国民が閲覧できるサイトやコンテンツを選べるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]