logo

「スペースマーケットパートナーズ」発足--スペースシェア普及に向けエコシステム構築へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースシェア仲介事業を行うスペースマーケットは11月28日、同社サービスの周辺領域で事業を展開する企業38社と、「スペースマーケットパートナーズ」プログラムを発足すると発表した。エコシステムを形成し、スペースシェアサービスを利用する際の利便性を高めることでユーザー満足度を向上させ、スペースシェアのさらなる普及および市場の拡大を目指す。同日パートナー戦略発表会を開催し、参画した各社とともに今後の展望について説明した。

パートナー企業代表者との集合写真
パートナー企業代表者との集合写真

 スペースマーケットは、ウェブ、スマートフォン上でさまざまな種類のスペースを貸し借りできるスペースの時間貸しプラットフォームサービス。レンタル会議室や飲食店のアイドルタイム、美容室の定休日といった既存サービスの空き時間のほかに、個人宅、さらには使われなくなった廃校やお寺、お城などのユニークなスペースも短時間のレンタルスペースとして貸し借りすることができる。

 今回発足したスペースマーケットパートナーズは、スペースマーケットおよびパートナー同士で協働してスペースシェアに関連する事業やソリューション、サービスを開発・推進するためのパートナーシッププログラム。各社のサービス領域を基準にスペース開発パートナーとソリューション開発パートナーに分かれ、前者では不動産関連や鉄道系企業、後者ではスペースを提供するホスト側の利便性を向上させるサービスと、スペースを借りるゲスト側の体験を向上させるサービスを提供するベンダーがそれぞれ多数参加している。

 同プログラムにより、例えばホストとして遊休スペースを活用したい・時間貸ししたいユーザーは、どのようなゲストニーズに対し、どのようなコンセプトで空間を作って提供するか、企画から設計・施工、インテリアや家電の配置まで一括してサポートを受けることができるようになる。

パートナーのサービス領域
パートナーのサービス領域
スペースマーケットパートナーズの参加企業リスト
スペースマーケットパートナーズの参加企業リスト

 スペースマーケット 代表取締役社長の重松大輔氏は、国内不動産業界の課題として空き家問題が深刻化しているが、これを「スペースマーケットを通じて解決できる」と話す。例えば、買い手や借り手のいない古民家も築年数に関係なく収益化でき、遠隔地にある不動産相続の際に、所有権や施入権を手放したくない場合は、自らが使う期間以外を時間貸しすることで、所有権や占有権を渡さずに収益化できるため空き家とせずに済む。

 ほかにも、実際に都心の老朽化したマンションをリノベーションしてレンタルスペースとして再生したり、個人が仕事に出ている時間に自宅のスペースを貸し出したりというユースケースに加え、新規物件開発段階でスペースシェアを念頭に置いて開発するなどのホスト側の動きが加速しているという。

スペースマーケット 代表取締役社長の重松大輔氏
スペースマーケット 代表取締役社長の重松大輔氏

 他方、利用者サイドでも「働き方や遊び方、商品販売方法の変化に伴い、レンタルスペースの活用が増加している」(重松氏)という。リモートワークや兼業、大人数でのスポーツ観戦、5G時代でVRの利用が増えることなどで今後のニーズの増加も見込まれる。企業ユーザーも、場所を限定した体験型のコンテンツマーケティングを実施する際に、シェアスペースは活用しやすいとのこと。

 例えば参画メンバーの1社であるパナソニックは、皆で調理をしながら会話しつつ食事を楽しむための「いろりダイニング」というコンセプト型商品を販売する際に、自社のショールームでは水や火が使えずユーザーの心に残る体験を伝えられないので、スペースマーケットのレンタルスペースでコンセプトごと再現してユーザーに商品を紹介しているという。

 これらの動きがある中で、新たにホストがシェアビジネスに参入する際の障壁、さらにはゲストがサービスを利用する際の利便性に関して現状さまざまな問題があるため、「パートナーと一緒にソリューションを開発し、シェアリング事業を拡大していく」(スペースマーケット 執行役員 VP of Businessの井上真吾氏)としている。パートナープログラムは、今後も対象サービス領域を含めて拡大していく計画だ。

パートナー戦略説明会においてパートナーが登壇したトークセッションも行われた。左から、スペースマーケット 執行役員 VP of Business 井上真吾氏、QUMA 代表取締役 村田紘一氏、アクシスモーション 取締役 CMO 諏訪内尊成氏
パートナー戦略説明会においてパートナーが登壇したトークセッションも行われた。左から、スペースマーケット 執行役員 VP of Business 井上真吾氏、QUMA 代表取締役 村田紘一氏、アクシスモーション 取締役 CMO 諏訪内尊成氏

参画企業

  • アクシスモーション/スペース清掃ソリューション
  • あどばる/スペースの開発・運用
  • イシン・ホテルズ・グループ/ホテル施設の有効活用
  • WealthPark/収益不動産の管理アプリ
  • エントリー/スペース清掃ソリューション
  • オフィスナビ/時間貸し可能物件の紹介
  • カクヤス/飲食の配送サービス
  • KAREN/スペースコーディネートサービス
  • キッズライン/スペース清掃ソリューション、家事代行
  • QUMA/スペースの企画・内装・施工サービス
  • クルトン/スペースの開発・運用
  • 京浜急行電鉄/沿線の価値向上、空き家空き地の活用
  • subsclife/家具・家電のサブスクリプションサービス、無料コーディネート提案
  • JTB/法人向け顧客開発、地方創生に向けたソリューションなど
  • ジェーピーモバイル/スペースへのICTソリューション
  • SUVACO/リノベ会社や工務店の体験できるショールームを提案
  • スペースエージェント/時間貸し可能物件の紹介
  • スペースモール/スペースの開発・運用
  • タイミー/スペース管理に関わるスタッフ手配
  • 宅都プロパティ/不動産管理事業を活かした遊休不動産の活用
  • 東京建物/商業施設やマンションへのシェアスペース導入、モデルルーム の有効活用など
  • 東京地下鉄/沿線の価値向上、空き家空き地の活用
  • ナシエルホールディングス/飲食・事業用物件でのシェアスペース開発
  • 日本管理センター/不動産管理事業を活かした遊休不動産の活用
  • 日建ハウジングシステム/シェアスペースの設計デザイン
  • 野原ホールディングス/スペースの開発・運用
  • ハウスプラザ/スペースの開発・運用
  • パナソニック/スペースを活用したマーケティング、体験創出
  • 東日本電信電話/スペースへのICTソリューション提供、サービス協働開発
  • ビースタイル/スペース清掃ソリューション
  • ファミリアリンク/スペースの開発・運用
  • ビットキー/スマートロックサービス
  • ヒトカラメディア/商業ビルにおけるスペース開発・運営
  • ライフネットワーク/電話やメッセージ業務の代行サービス
  • リスト/スペースの開発、遊休不動産の活用
  • リノベる/スペースのリノベーション
  • USEN Media/店舗への時間貸し運用支援、コンテンツ連携など
  • ワタナベエンターテインメント/タレントやコンテンツを活用したスペース体験価値向上

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]