logo

ジョブズ氏のサイン入りフロッピーがオークションに--80万円を突破

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月28日 10時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの共同創業者であるSteve Jobs氏のサインには、どれだけの価値があるだろうか。同社のハイエンド製品である16インチ「MacBook Pro」と「iPhone 11 Pro Max」を合わせた金額よりも高額であるのは間違いなさそうだ。オークションハウスRR Auctionは、Steve Jobs氏のサイン入りフロッピーディスクをオークションにかけている。予想落札価格は7500ドル(約82万円)とされている。

Jobs氏のサイン入りフロッピー
提供:RR Auctions

 このフロッピーディスクには「Macintosh System Tools バージョン6.0」のソフトウェアが入っている。つまり、1988年頃のものだ。RR Auctionによると、Jobs氏のサインはほとんど残っていないため、このディスクは特に貴重だという。

 「めったに見られないJobs氏のサインで、状態は非常に良好。サイン嫌いで知られたJobs氏は、コレクターに求められてもサインを拒むことが多かった」と説明されている。

 RR Auctionの予想落札価格はかなり妥当なようだ。現時点の最高入札額は8000ドル(約88万円)で、オークション終了までまだ約1週間残っている。しかし、Jobs氏のサイン入りグッズとして最高価格というわけではない。9月には、映画「トイ・ストーリー」のJobs氏のサイン入りポスターが3万ドル(約330万円)を超える価格で落札されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]